あそこの臭い・黒ずみの悩み

あそこ臭いよりも気になる黒ずみ!原因と悩みのまとめ

あそこ臭いよりも気になる黒ずみ!原因と悩みのまとめ
心配さん1
心配さん1
あそこの黒ずみが気になります・・・。
私まだ処女なのに(・・;)

これっておかしいことですか?
黒ずみをなくす方法があれば教えてください

男性はイヤですよね。黒ずんだのは・・・心配です。

心配さん2
心配さん2
あそこの黒ずみを改善したいのですが・・・
あそこもですがビキニゾーン?とりあえずあそこ付近がなかなか黒くて汚いです。

色を薄くするクリームや石鹸等調べましたがどれも私には高くて手に届きません。
それに実家住みなので頼むのもちょっと・・・って感じです

※「YAHOO!JAPAN 知恵袋」より

あそこが臭いのも、あそこの黒ずみもどちらも女性にとって大きな悩みになるのは間違いありません。
大きな声ではいえない悩みでもあるでしょう。

あそこの黒ずみで悩んでいる女性の声は尽きない

あそこの黒ずみで悩んでいる女性の声は尽きないあそこ臭いあそこの黒ずみのどちらが気になるかと聞かれると、後者と答える方が多いはずです。
あそこ臭いに関してはコンディションによっても変わるもので、気にならない男性も少なくありません。

これはパートナーの男性にも、同性にも相談しにくい内容でもあります。
だからこそ、口にはしていないものの、実は人知れず悩みを抱えているのが事実です

そもそも、あそこが臭いのかどうかもわからないもので、あそこの黒ずみに関しても基準が分からないと判断しにくいでしょう。

あそこの黒ずみが、パートナーにどう思われるかが心配

あそこの黒ずみが、パートナーにどう思われるかが心配あそこの黒ずみに関しての具体的な悩みの代表例となるのは、やはりパートナーの男性にどう思われるかです。
性行為のやりすぎによって、あそこが黒ずんでしまう」と認識している男性も少なくありません。

しかし、黒ずみは性行為とは関係なく、全く別の理由であるのを知らないからこそ、悪いイメージを持たれてしまうのを悩む女性は多いです。

また、友達や他の女性と比べられるのを嫌がる女性も少なくありません。
やはり多くの男性の理想となるのはピンク色です

となると、黒ずんでいるのは理想に反するところになるでしょう。
女性経験が豊富な男性の場合はピンク色であることの方が少ないのを知ってはいるものの、どうしても理想が勝ってしまうものです。

あそこの問題は相談ができないからこそ強まる悩み

あそこの問題は相談ができないからこそ強まる悩みあそこ臭いあそこの黒ずみもどちらも同じように、誰にも相談しにくい問題からこそ悩みは強まっていくものです。
悩みの内容云々ではありません。

同性の女性に対してさえ相談ができず、パートナーの男性にも相談できないとなると、自然と深刻と感じてしまうものです。

あそこ臭いやあそこの黒ずみは決して特別なことではなく、多くの女性が同じように悩んでいる問題といえます。
ただ、答え合わせができないことによっての弊害は確かにあるといえるでしょう。

黒ずみがなぜできてしまうのかは、それぞれで異なる悩みを抱える問題であるのは間違いありません。
これからでもあそこの黒ずみを何とかしたいと思うのなら、どういった原因があるのかを知るのが重要になります。

原因を知らないで対応しようとするのは難しいものがあるでしょう。
ですが、日々の生活の中で改善することも可能です。

人知れず悩んでいる方は、まずは原因を知ることからスタートしましょう

あそこの黒ずみの原因は3つ

あそこの黒ずみはあそこ臭いよりも深刻であると考える方が多く、その原因は大きく3つあります。
その一つであるのがメラニン色素の沈着です。

①メラニン色素の沈着

①メラニン色素の沈着メラニンはシミの原因とイメージする方も多いです。
しかし体に絶対に必要な色素ですので、邪魔者扱いをするのは可愛そうです。

メラニンがないと、夏場に外を歩いただけで皮膚が焼けどしてしまいます
また、擦れなどによる刺激から守る役割も担っているのが事実です。

メラニンは必ずしも不必要なものではありません。

メラニン色素が黒ずみを招くのは、体を守るため

メラニン色素があそこの黒ずみに繋がる理由としては、紫外線や締め付けや摩擦といった外部刺激を受けると、大量に放出するからです。
メラニン色素が多く発生してしまうと、あそこの黒ずみとなってしまいます。

そのため、できるだけメラニン色素を多く発生しない生活を心がけるのが重要になってきます。

②下着や衣類の擦れによっての刺激

②下着や衣類の擦れによっての刺激下着や衣類の擦れによっての刺激も、あそこの黒ずみとなってしまう理由になります。
下着や衣類を着用するのは当然であるものの、サイズが合っていないと擦れの度合いは強まるのは分かるでしょう。
そして、刺激の積み重ねによって炎症を起こしてあそこの黒ずみになってしまいます

化学繊維を使った下着や身体に密着するジーンズは注意

着ているだけで、肌への刺激を受けていることがあります。
知らず知らずのうちに皮膚へダメージを与えているのです。

下着や衣類を選択する際には、皮膚が圧迫されないようにしないといけません。
腰回りや脚の付け根の皮膚へ刺激を与えてしまうことは、肌を守るためにメラノサイトがメラニンを生成してしまう原因になります。
そして、時間の経過とともにあそこの黒ずみになっていきます

仕事上座ることが多い場合も注意

ずっと座っていると、お尻の特定の部分に圧迫を受けやすくなります
皮膚が身を守るために角層を厚くし、角質が厚くなってしまいます。
細胞の代謝が低下することで、古い角質が蓄積されてあそこの黒ずみになります

基本中の基本となるのは、正しい下着や衣類を選択することです。
シルク素材や綿100%やオーガニックコットンなどを選択するのが望ましいといえるでしょう。
もちろん、こまめに取り替えて清潔を保つ意識を持たないといけません。

③肌のターンオーバーの乱れであそこの黒ずみに

③肌のターンオーバーの乱れであそこの黒ずみに
ターンオーバーの仕組み
  1. 基底層で細胞が生まれる
  2. どんどん上へ押し上げられる
  3. 不要なものとして角質細胞が剥がれ落ちる

表皮と真皮との間にある基底層で生まれた細胞は、姿形を変えながら表面に上がっていきます。
これが肌の生まれ変わりであり、およそ28日で古い肌から新しい肌細胞へと生まれ変わっていきます

ターンオーバーが乱れるということは、この生まれ変わりの機能が低下してしまうということです。
加齢によりその周期も長くなっていきますので、20代では28日周期でも、30代では40日周期にもなります

古い肌細胞は角質となって自然と剥がれ落ちていくもので、それが正常なターンオーバーです。
しかし機能が低下したり、周期が長くなることで細胞が上に押しあがっていく力も弱まります。

黒ずみは古い角質が溜まった結果できる

外部刺激や紫外線によってメラニンが生成され、メラニン色素が理由であそこの黒ずみに繋がる場合もあります。
ただ、時間をかけてゆっくりと元の色へと戻っていくものです。

しかしシミやくすみとなって黒ずんだ場合は、元に戻らない場合もあります。
肌の新陳代謝の乱れや低下によって、古い角質が剥がれ落ちなくなってしまうからです。

あるいは、色素沈着が発生してシミや黒ずみが残ってしまった状態になります。
ターンオーバーが正常に行われなかったゆえの結果といえるでしょう。

ターンオーバーの働きは年齢とともに低下してしまいます。
となると、シミやくすみがすぐに発生しやすくなってしまうのが事実です

ホルモンバランスが乱れるとターンオーバーも乱れてしまう

ホルモンバランスが乱れるとターンオーバーも乱れてしまうホルモンバランスの崩れてしまうと、あそこの黒ずみに繋がる場合もあります。
食生活の乱れやストレスや不規則な生活習慣なども、黒ずみの理由になります。
また、妊娠や出産に伴ってあそこの黒ずみに繋がります。

あそこ臭いよりも深刻と考える方が多いあそこ黒ずみは悩みの種になるものの、必要以上に不安になることはありません。
日本人は色素沈着が起こりやすく、多くの方があそこの黒ずみに悩んでいます

あそこ臭いについても同様に悩んでいる方は少なくありません。
ただ、適切な対応でどちらも改善が可能ですので、原因を知ったら次は対策を考えていきましょう

あそこの臭いを何とかしたい!効果とコストで選ぶおすすめランキング

ランキング1位プリンセスアンダー 《デリケートゾーン専用の臭い対策クリームジェル》
デリケートゾーンの臭いもくすみも1本で簡単ケア!

ランキング2位デリケートウオッシュオイル 《汚れ・臭い・黒ずみがこれ1本で!》
ピーチ・ジョン開発の「オイルで洗う」新発想のデリケートゾーンケア!

ランキング3位デオシーク 《クリーム・ボディソープ・サプリメントで強力臭い対策》
トリプルアプローチで体の中から臭い対策!

▼あそこ臭いをこっそり治す方法を知りたい時は▼
あそこ臭い対策!おすすめランキングはこちら>>>>あそこ臭い対策おすすめランキングの詳細はこちら<<