あそこの臭い・黒ずみの悩み

あそこの臭いは更年期が原因?夫婦生活破綻の理由に繋がる問題

あそこの臭いは更年期が原因?夫婦生活破綻の理由に繋がる問題

男性は中年以降になると、加齢臭がするといわれることも多くなります。
ただ、男性だけの問題ではないのを頭に入れておかないといけません。

女性がこころがけるべき臭い、加齢臭対策とは

女性がこころがけるべき臭い、加齢臭対策とは女性も更年期になると若いときにはしなかった臭いがするようになります。
多くの女性が自身の臭いをしっかり認識していません。

夫婦であっても臭いについてはいいにくいものであって、場合によって夫婦生活破綻の理由に繋がります。
まず考えないといけないのは更年期を迎えると体臭がひどくなるかを理解すべきでしょう。

あそこ臭いの元はホルモンバランスの乱れによる汗

主原因となるのは汗です。
更年期と呼ばれる年齢になると女性ホルモンのエストロゲンが減少し、自律神経が乱れがちなります。

そして、汗をかきやすくなって、発汗異常が起きてしまうこともない訳ではありません。
汗をかいたまま放置してしまうと、雑菌が繁殖して嫌な臭いを発することになります。

通常の汗の場合は体温調整のためにかくものです。
これが更年期の汗の場合はミネラルやアンニモアが混じってベタベタした汗になります

若い頃とは違う汗の臭いを感じたら…

脂肪やタンパク質を含んでアポクリン腺からの汗も分泌され、強烈な臭いを発するものです。
更年期と呼ばれる年齢を迎えてあそこ臭いのが悩みであるのなら、通常の汗とは性質が異なるものである可能性が高いといえます。

雑菌が繁殖しやすい汗は非常に厄介です。
内と外から汗を抑えないと気になる体臭はケアできません

夫婦間においても体臭の問題は口にしにくいものです。
あそこ臭いと思ってもいえないのが人間心理といえるでしょう。

だからこそ、更年期を迎えた方はそれぞれで適切な対応をしないといけません

あそこ臭いが閉経後にきつくなる理由

あそこ臭いが閉経後にきつくなる理由閉経後にあそこ臭いと感じるようになった方は少なくありません。
それまでは何も感じなかったのに、突然あそこ臭いと感じるのは女性ホルモンが関係しています。

閉経するということは生理がなくなることを指します。
急に閉経がなくなる方もいれば、ゆっくりなくなる方も、不規則になってなくなる方もいない訳ではありません。

女性ホルモンが減っていくと、デーテルラインかん菌という菌も少なくなっていきます

膣内の良い菌が減少することで、臭いを感じやすくなる

デーテルラインかん菌は膣の中にいる細菌で、悪い菌を退治してくれるものです。
少なくってしまうと悪い菌が繁殖しやすくなってしまって、あそこ臭いと感じる理由になります。

デーテルラインかん菌が少なくなってしまうことが理由で、おりものの臭いが臭くなることもない訳ではありません。
また、更年期を迎えてあそこ臭いと感じるようになった場合に、病気も警戒すべきです

ホルモンバランスの崩れにより、雑菌のバランスも崩れてしまいます。
そして感染症が起こりやすくなり、陰部のトラブルを招く場合もない訳ではありません。

トリコモナス膣炎を発症すると、おりものの臭いがきつくなってあそこの自体がくさいと感じられるようになります。

臭いがきついと思ったら病院へ

最も怖いといえるのは婦人科系の器官の重篤な疾患です。
おりものの色や粘り気などが大きく変化して悪臭レベルになることもあります。

できるだけ早期に解決することが望ましいのはいうまでもありません。
夫婦間でもいいにくいことであるからこそ、医療機関で検査を受けるのが一番です。

異常を感じた場合に放置しないことが重要になります

あそこ臭い対策|夫婦仲を保つために

あそこ臭い対策|夫婦仲を保つためにあそこ臭いのをたかがと考えるか、されどと考えるかは人それぞれ異なるものです。
やはりされどと考えることが大切になります。

年齢を重ねると夫婦間で性行為をする機会は少なくなっていくものです。
理由の一つにあそこ臭いかどうかの関係しているのは間違いありません。

ご自身よりも男性の方があそこ臭いかどうかは分かっているものです。
場合によっては夫婦生活の破綻の理由にもなるゆゆしき問題となります

まずは、あそこを優しい成分のソープでケア

更年期を迎えた方で何とかしたいと思うのなら、まず意識すべきはあそこの内側と外側を健康に保つことです。
あそこの外側を清潔にするのは雑菌の繁殖を抑えるためで、雑菌が膣に入り込むリスク軽減に繋がります。

膣の自浄作用が低下しているからこそ、あそこ周辺を清潔にする意味は大きいです。
外側のケアはできるのなら、デリケートゾーン用ソープを使用すべきといえます

市販の石鹸やボディーソープは刺激が強くて洗浄力の高すぎる洗浄成分が使用されています。
肌状態を悪化させてしまう可能性があります。

ホルモンバランスを安定させる

内側からの対策になるのは、ホルモンバランスを保つことでしょう。
バランスの良い食生活や規則正しい生活を維持するようにすべきです。

どちらも一長一短ではなく、確かな効果を感じるまでには時間がかかってしまうのが基本といえるでしょう。
ただ、何もしないとどんどんあそこ臭いと感じるようになり、更年期を迎えた方は特に注意すべきです。

パートナーのためではなく、自分のためにも臭いの対策はしていかないといけません

あそこ臭いの元、アンモニアができる原因は2つ

あそこ臭いの元、アンモニアができる原因は2つ更年期を迎えた方があそこ臭いと感じるなった場合の対応をする上で重要になるのがアンモニアです。
アンモニアができる原因は2つあります。

①食べ物が分解されてアンモニアが腸の中にでき、吸収されて汗に混ざって出る場合
②アミノ酸からアンモニアになる場合

余計なアンモニアの産生を抑えるために

対応していく上で意識すべきは疲労を蓄積させないことでしょう。
そして、肝機能を高めることが大切になります。

肝臓にあるオルニチン回路はアンモニアを尿素に変換し、尿としてアンモニアを排出しています。
汗として排出されないからこそ、嫌な臭いに繋がりません。

疲労が蓄積されてしまうと肝機能が弱くなり、アンモニアを無臭化できなくなってしまいます
だからこそ、疲労を蓄積されない意識を持つのが重要です。

また、お酒を飲むことも肝機能が弱まる理由になるため、控えるようにすべきでしょう。
腸の中でアンモニアをつくらないようにするのも大切で、肉類や脂っこいものを控えるのも効果的です

腸の中で臭いの元がどんどん作られるのを防ぐ

肉は腸の中で分解されるとアンモニアができやすくなるからといえます。
腸の中で善玉菌が優勢になると臭いができにくくなるものの、悪玉菌が優先になると臭いが強まってしまいます。

和食中心の食生活を心がけるのが望ましいといえるでしょう。
和食中心の食生活が難しいのなら、効果的なサプリメントを活用するのも一つの手です。

良い汗を出すことで体の中から出るあそこ臭いを防ぐ

良い汗を出すことで体の中から出るあそこ臭いを防ぐ更年期を迎えた方があそこ臭いのが悩みであるのなら、良い汗を出すことを心がけるべきです。
汗の抑制よりも良い汗を出す方が予防に繋がる場合もあります

①お風呂で温まって発汗促進

入浴をする際には、血行を良くして良い発汗を促進させるようにしましょう
ゆっくり浸かるようにし、両手や両足を熱めのお湯に10分~15分程度つけると、良い汗をかくことができます

血液循環が良くなって乳酸を減らすことが可能で、乳酸が減った状態で就寝ができます。
それが、体臭の低減に繋がります。
入浴をする時間帯は寝る前が理想的です。

②ストレッチやウォーキングで発汗

運動をするのも効果的な方法であって、発汗を促して血流を良くするストレッチやウォーキングが有効となります。
あそこ臭いのが悩みであっても、すぐにどうにかなるものではありません。

どういった対応をするにしても、長い目で考えるのが肝心です。
夫婦生活を送る上で体臭が理由で離婚に繋がる場合もない訳ではありません。

夫婦間であっても気軽にいえる問題ではなく、知らず知らずのうちに迷惑をかけている可能性はあります。
更年期を迎えた方があそこ臭いと感じるのなら、相手はもっと感じているかもしれません

あそこの臭いを何とかしたい!効果とコストで選ぶおすすめランキング