足汗の悩みと臭い対策

深刻なコンプレックスにも?足の臭いの悩みを紹介

足の臭いについて悩みがある、気になって仕方のない人も少なくありません。
もしこのようなコンプレックスを持っていると、日常生活にも時として支障をきたす可能性も出てきます。

友人の家に上がらせてもらうときや会社の付き合いで居酒屋に行くときに、靴を脱ぐことをためらうことはありませんか?
蒸れや汗による臭いが気になったことがあることは誰でもあることです。

足の臭いが気になった方の声をまとめてみると、よくある日常生活に感じることが多いです。
「あるある」と共感してもらえるのではないでしょうか。

自分でもわかってしまうひどい足の臭いで悩む

自分でもわかってしまうひどい足の臭いで悩む私は営業の仕事をしているのですが、外回りもしばしばあって1日中歩きっぱなしになることも珍しくありません。
しかもビジネス用の革靴を履いて歩きまわることもあるので、靴の中はひどく蒸れているのでしょう。

足の臭いには相当悩まされています。
外回りをしているときには、おそらく臭気は靴の中にとどまっていると思います。

このため、あまり自分で臭さに気づくことは少ないです。
しかし自宅に戻ってきて、靴を脱いだ時に何とも言えない悪臭に気が付きます

学生時代の運動部の部室のような、むわっとこみあげてくる悪臭に自分でもびっくりすることがあります。
自分の体臭は嗅ぎ慣れているので周りが気付いても自分でなかなか気が付きにくいという話を聞いたことがあります

私の足の臭いの場合、自分でもはっきりわかるのでかなり強烈なにおいなのだろうなという気がしています。

車の中でついいつもの癖で靴を脱いでしまった

車の中でついいつもの癖で靴を脱いでしまった男性の方で、リラックスしたいときに靴を脱ぐことってあると思います。
かくいう私も、少し落ち着きたいときに靴を脱ぐことがあります。

例えば喫茶店に入ってパソコンなどで仕事を済ませることがあります。
ある程度作業を進めるので、少なくても30分・少し長居すると1時間半から2時間くらい喫茶店の中で仕事をすることもあります。

このようなときについ足元をリラックスさせたくなって靴を脱いでしまうことがあります。
そのほかには新幹線で移動するときもつい靴を脱いでしまいます
また得意先を回るときに車を使用することがあるのですが、この時も靴を脱ぐことが結構ありますね。

ある日後輩の女子社員と一緒に得意先を回ることになりました
OJTではありませんが、実際に仕事を一緒に行うことで得意先との商談のやり方を教えるスタイルを私の会社では取っています。

後輩の女子社員に足の臭いに気づかれた…

後輩の女子社員に足の臭いに気づかれた…この時私が運転をして、彼女は隣の助手席に座って営業周りをしていました。
最初のうちは気を使っていたのですが、慣れてしまったのか、つい油断して彼女が助手席にいるにもかかわらず靴をいつもの癖で脱いでしまいました。

すると助手席に座っていた後輩が咳き込みだしました
そして何気に窓を開けだしました

私はこういったところが鈍感なところがありますが、その自分でも足の臭いが強力で彼女はこのような行動をとったのだなとすぐに気が付きました。
私が先輩で仕事を教わっているという立場もあって、なかなか面と向かって私には言えなかったのかもしれません。

その行為を目にした瞬間に自分の足の臭いがそこまでひどいのかとショックを受けましたし、相手に対して悪いことをしたなと後悔する気持ちもありました。
なんと声を掛けたらいいのかわからず、長時間気まずい沈黙が続きました

そんなことがあったので、自分の足の臭いに過敏になって、フットケアを始めるようになりました。

男性だけでなく女性でも意外と多い足の臭いの悩み

男性だけでなく女性でも意外と多い足の臭いの悩み足の臭いというと、男性のほうが悩んでいる人も多いようなイメージを持つ人もいるでしょう。
しかし実際には女性で足の臭いに悩みを持っている人は少なくありません。

その中でもブーツをよく履く人で足の臭いに悩みを抱える女性が多いのです

ブーツをはくと自宅に戻った時に…

会社に就職するようになって、今ではあまり履くことはありませんが、短大時代は外出する際、ショートブーツをお気に入りで履き続けていました。
私の当時持っていたショートブーツは、シンプルでありながらさりげなくおしゃれを演出できるようなアイテムで、どのようなスタイルのファッションでもマッチするのでコーデしやすかったです。

学校に行って授業に出席し、その後友達とショッピングして夜遅くに帰宅することも珍しくありませんでした。
1日中長時間ショートブーツを履きっぱなしにしていたので、帰宅してショートブーツを脱ぐと汗と蒸れでひどいにおいになっていることもしばしばでした。

足に鼻を近づけなくても臭いを感じるくらいの強烈さでした
社会人になってショートブーツは履かなくなったのですが、足の臭いの悩みはまだ抱え続けています。
学生時代の経験がある意味一種のトラウマになっているのかもしれませんね。

居酒屋がお座敷スタイルでどうすればいいか困った

居酒屋がお座敷スタイルでどうすればいいか困った私が若いときには、ブーツスタイルが一種のブームでした。
私の周りの友人も外出する際には普通にブーツを履いている人が多かったですね。

ある時休日を使って、友達と一緒にショッピングに出かけることにしました。
繁華街で待ち合わせをして、複合商業施設やら、小さなショップやら、いろいろなお店を回りました。

そして少し歩き疲れたときにはカフェなどに入って少し休憩しました。
気の置けない仲間と一緒だったので、楽しかったですし、リラックスしたひと時を堪能しました。

昼前からショッピングや食事を楽しみ、あっという間に夕食時になりました。
私も友達もお酒は結構いける口だったので、居酒屋に入りました

靴を脱ぎたくても臭いが気になる!

靴を脱ぎたくても臭いが気になる!私たちの入ったお店は和風の作りになっていて、落ち着いたシックな雰囲気でした。
全般的にはいい感じのお店だったのですが、一つネックになるポイントがありました。

それは掘りごたつ方式の席だった点です。
個室になっているので、周りのお客さんを気にすることなくお酒を飲めるのはよかったです。

しかし掘りごたつ形式で靴を脱がないといけなかったのです。
長時間歩きまわったブーツの中の足は蒸れてひどいことになっていました
正直地獄でしたね。

友達は特段臭いに関して気にするそぶりは少なくても私から見た限りはありませんでした。
でもこちらは気になって仕方ありませんでした
お酒を飲んでもなかなか酔えなかったですし、いろいろな料理を注文したのですが、何を食べたのかあまり記憶がないほどです。

汗っかきのせいで足の臭いが気になって仕方がない

汗っかきのせいで足の臭いが気になって仕方がない子供のころから、私は汗っかきで悩んでいました。
夏場はもちろんのこと、冬の厳しい寒さの時でも外にいるときには汗をかかないのですが、暖房のきいているオフィスやお店の中に入ると汗がだらだら流れることもあります。

冬場暖房のきいている電車の中でコートを着て平気な人もいますが、私からすると「どうして汗をかかないのか?」と不思議に思うくらいです。
私の場合、頭から足まで全体的に汗をかきます

1日中外出すると、季節関係なく帰宅して靴を脱ぐと靴下がジトっと湿った感じになります。
ですから困るのは靴がすぐにダメになってしまう点です。
特に靴の中敷きがよれよれになってしまって、ほかの人と比較すると靴を買い替える頻度は多いと思います

これだけ靴の中で汗をかくと、気になるのが足の臭いですね。
足にそれだけ大量の汗をかくと、どうしても靴の中が高温多湿になりがちです。

その結果、どうしてもほかの人よりも足の臭いがきつくなっているような気がします。
ほかの人の足の臭いはさすがにかいだことはないですが、自分の足をたまにかぐと顔をそむけたくなるほどです。

このような状況ですから、お座敷のような靴を脱がないといけないお店にはできることなら立ち寄りたくないです
一回飲み会でこのような靴を脱がないといけないお座敷に上がらないといけなくなったことがありました。

その時にはいろいろと理由をつけて、お座敷に上がらずに帰宅することにしたほどです
お座敷のお店には他の人となかなかいっしょに行けませんね。

足汗を対策しよう!効果とコストで選ぶおすすめランキング

ランキング1位ティノン 《持続性の高い制汗クリーム》
サンダル・ブーツでも快適な足元美人に♪

ランキング2位足サラ 《足汗用制汗ミスト》
足にシュッとするだけ!簡単に足汗を止める!

ランキング3位アセカラット 《飲む爽快サプリメント》
汗をかきやすい人の為に開発されたサプリです♪

▼足汗がひどい!治す方法を知りたい時は▼
足汗を治したい!おすすめランキングはこちら>>>>足汗対策おすすめランキングの詳細はこちら<<