デリケートゾーンの悩みと対策

デリケートゾーンの黒ずみはキレイにしていける!

デリケートゾーンの黒ずみを意識するようになるきっかけは、人それぞれだと思いますが大きく分類しますと3つに分けることができます。
具体例を挙げていくと、

  1. 誰かと比較して気づくパターン…友達と温泉に行ったら自分だけデリケートゾーンが黒ずんでいた、など
  2. 何かが原因で起こってしまうパターン…永久脱毛をサロンで受けてからデリケートゾーンが黒ずんきた、など
  3. 生まれつき色素が目立つパターン…色白でデリケートゾーンの黒ずみが目立ってしまう、など

に分類することができます。
気づくきっかけは、いろいろです。

ただ、デリケートゾーンの黒ずみを改善していきたい気持ちは、みんな同じです。
デリケートゾーンが黒ずむ原因は一つだけではありません

まずは原因を確認して自分がどのパターンなのか知ることが大切です。

デリケートゾーンの黒ずみができる5つの原因とは

デリケートゾーンの黒ずみができる5つの原因とはデリケートゾーンの黒ずみはメラニン色素が原因で起こります。
メラニン色素は外的刺激から肌を守るために肌が刺激を受けると濃くなっていきますが、デリケートゾーンの皮膚は目の周囲の皮膚よりもさらに薄く、ダメージに弱い部分です。

皮膚が薄いので少しの刺激でも黒くなりやすい場所と言っていいでしょう

①ジーンズや下着などの締め付け

下着やジーンズなど、サイズが小さいものを着用したり、タイトなデザインを好んではいていると、特に脚の付け根部分が刺激されて黒ずんできます
最初は赤くなる程度ですが、何度も繰り返すことで皮膚が外的刺激から守ろうとメラニン色素が濃くなっていきます。

デリケートゾーンの中でもすぐに気づきにくい場所なので、かなり黒ずみが進行してから気づくことが多いのです。
下着はデザインによっては締め付けないものもありますが、Vラインに触れるようであれば注意が必要です。

②アンダーヘアーの処理

②アンダーヘアーの処理美容クリニックでもアンダーヘアーのレーザー脱毛を行っており、受ける女性が増えていますが、レーザー脱毛でもアンダーヘアーが黒ずむことがあります
現在、VIOの処理をしている方も以下の点に注意してください。

レーザー脱毛が原因で黒ずむのは、処理後の過ごし方にあります
処理後の肌はとても敏感になっています。

特に温めると炎症を起こしやすく黒ずみの要因になります。
くれぐれも処理後、温泉施設などに行かないようにしましょう。

患部は一時的に冷やしてその後保湿をするのがベストなケアです
自分でアンダーヘアーをカミソリなどで処理をしている人も肌に細かい傷ができてそれが炎症につながることがあります。

炎症も軽いと自覚症状がありません。
自己処理はあまりおすすめできませんが、処理後は保湿をしっかりして炎症をひどくしないように心がけてください

③加齢による黒ずみ

30歳を境にして加齢により肌の再生サイクルが乱れてきます。
それが原因で体にくすみや黒ずみが起こりやすくなります。

ちなみに30代から40代で2倍、60歳以降は3倍も肌の再生サイクルにかかるようになります
でも、大丈夫です。

肉体年齢と肌年齢は比例していません。
日頃の心がけ次第で改善していくことが可能です

体の機能が正常に作用しなくなる原因は、生活習慣の乱れ、栄養不足などが原因で年齢関係なく起こります。
普段から規則正しい生活、体に必要な栄養を補給することを心がけていくことで肌の再生サイクルが乱れにくくなっていきます

④毎日、不摂生をしがち

④毎日、不摂生をしがち寝不足や毎日の喫煙、多飲なども肌の再生サイクルを乱す要因につながります。
肌を再生するビューティタイム(22時~2時)に毎晩起きていたら、肌にはよくありませんし、喫煙は肌に必要なビタミンCを消費してしまいます

多飲もアルコールを分解するために肝臓と腎臓に負担がかかり栄養が体内に行き渡らなくなっていきます。
喫煙者は肌の状態がよくない人が多いですが、それも肌に大切なビタミンCが欠乏していることが原因です

⑤妊娠中の黒ずみ

女性の場合、妊娠するとホルモンバランスが変わります。
妊娠したことで体が本能的に守ろうとするので、皮膚もメラニン色素が増えて黒ずみやすくなります
特に陰部や乳首は一時的に黒くなるので、ビックリする方もいるのではないでしょうか。

ただ、妊娠が原因の黒ずみは出産後、ホルモンバランスが元に戻ることで自然と解消されていきます
外的要因とは違うので、ある意味、体の状態が整うまではその状態のままという見方もできます。

ただ、お手入れをすることは肌の状態を整え、精神的なリラックス効果もあるので無駄にはなりません

デリケートゾーンの黒ずみを効果的に解消する4つの方法

デリケートゾーンの黒ずみを効果的に解消する4つの方法デリケートゾーンの黒ずみが起きる原因はいろいろあります。
自分がどの原因でデリケートゾーンに黒ずみができていたのかわかれば、後はその原因を解消していくだけです。
今日からでもできる方法ばかりなので、ぜひ、試してみてください。

①下着やジーンズのデザインを選ぶ

下着は素材も大切です。
ポリエステルは肌への刺激があるので、綿素材がおすすめです。

ポリエステルでもTバックのようにVラインを刺激しないデザインなら大丈夫です。
一般的なタイプですとボクサータイプがおすすめです。
サイズは自分に合ったものを選ぶこと。

ジーンズはスリムタイプをはく方は、どうしても動くことでVラインが刺激されることが多いので、はいてみてタイトすぎないか必ずチェックしてください。
私は、収縮性のない細めのジーンズをはいていて、Vラインに黒ずみができてしまいました。
数回はいただけでできてしまったので、皆さんも気をつけてください

②重曹でケアする

②重曹でケアする身近な商品でデリケートゾーンの黒ずみを解消していくこともできます。
ご自宅にもあるかもしれませんが重曹

こちらでデリケートゾーンの黒ずみを良くしていくことができます。
重曹は炭酸水素ナトリウムでできていますが、弱アルカリ性で肌の酸性値を中和して肌を白くしていく作用があります。

デリケートゾーンにそのまま使用してマッサージするだけで肌もつるつるになり、少しずつ古い角質が取れて黒ずみが解消されてきます。

入浴したときに毎回行うだけです。重曹は100均で販売されているものでも問題ありません。
私はこれでVラインの黒ずみを解消しました
ただし、かなり時間はかかりました。

③規則正しい生活を送る

直接的にはデリケートゾーンの黒ずみに関係してきませんが、肌の再生サイクルを乱さないという意味では大切です。
料理研究家は肌がきれいな方が多いですが、やはり栄養面がしっかりと体に補給されているのだと思います。

アルコールの多飲も喫煙も肌に出ます。
忙しいと規則正しい生活を送るのが大変なこともあると思いますが、デリケートゾーンの黒ずみにも規則正しい生活は関係してくることを頭に置いておきましょう。

④デリケートゾーンの黒ずみ対策の商品を使う

外的刺激でできてしまったデリケートゾーンの黒ずみは、解消していく必要があります。
通販サイトでは、さまざまなデリケートゾーンの黒ずみ対策用の商品が販売されています。

ソープやクリームなど、値段もいろいろです
人気商品にはたいてい口コミが掲載されているので、商品選びに迷ったら参考にするといいでしょう。

状態がよくなるまで使い続けていく商品なので、自分に合った使いやすいタイプを選ぶことがポイントです。
自宅で毎日ゆっくりバスタイムを楽しめる人はソープタイプもいいでしょうし、忙しくて簡単にケアを済ませてしまいたい人はクリームタイプが合っているかもしれません

デリケートゾーンの黒ずみは女性の悩み

デリケートゾーンの黒ずみは女性の悩みデリケートゾーンの黒ずみは、できた原因により解決方法が違ってくることがわかったと思います。
デリケートゾーンはとても皮膚が薄く刺激に弱い部位です
下着を含めて普段から刺激をしないように心がけていくことで、黒ずみができる要因を作らずに済むのです。

一端、黒ずんでしまうと元の状態に戻すには、それなりに時間がかかります。

顔のように常に周囲の目にさらされる部位ではありませんが、自分自身は毎日目にする部位です。
しかも第三者に見られるときは、旅先の温泉であったり、彼とのお泊まりデートであったり、かなり特別な状況のときになってきます。

デリケートゾーンの黒ずみで悩む女性は多いと思いますが、原因に合ったお手入れをしていくことで改善していくことが可能です。

気になっている人は、あきらめずにお手入れを続けて黒ずみをなくしていきましょう

デリケートゾーンの臭い対策に!効果とコストで選ぶおすすめランキング

ランキング1位クリアネオパール 《女性のためのボディソープ》
デリケートゾーンを含めた全身の臭いケアに!

ランキング2位プリンセスアンダー 《デリケートゾーン専用の臭い対策クリームジェル》
デリケートゾーンの臭いもくすみも1本で簡単ケア!

ランキング3位ヴィエルホワイト 《あそこの黒ずみ対策コスメ》
あそこと乳首の黒ずみケアなんとかしたーいとお悩みのあなたへ!

▼デリケートゾーンの臭いを解消する方法を知りたい時は▼
デリケートゾーンの悩みに!おすすめランキング>>>>デリケートゾーンの臭い対策おすすめランキングはこちら<<