顔汗

顔汗を止める方法|顔汗の原因と正しい対応方法を詳しく解説!

顔や頭から汗がでることは誰にでもあります。
運動をしたり、暑いとき、興奮したときや辛いものや熱いものを食べたときは汗が出るのが普通です。

しかし、暑いわけでも運動をしたわけでもないのに顔に汗が出るときや、ポタポタとしたたるように汗が出る場合は普通ではありません。
顔にだけ異常に汗をいつもかいている場合は、顔面多汗症の可能性があります。

顔汗・テカリを止める制汗ジェルおすすめランキング

「周りは普通なのに私だけ顔汗が出て恥ずかしい」
なんていう思いをしたことは無いですか?
顔汗がひどいとメイクが崩れてしまい、特にアイメイクが崩れると一日嫌な気分で過ごす羽目になります。

何故、顔汗が止まらないのかはこれから説明していきたいと思いますが、原因は様々あります。
また、汗をかくということは身体が持つ機能のため、根本から治療するのは難しいです。

そこで、一時的に顔から噴き出す汗を抑えるには、制汗剤を使用することがおすすめです。
顔に制汗剤を使用すると、肌荒れが心配ですよね?

一般的に市販されている制汗剤を顔にも使用してしまうと、肌荒れやアレルギーの可能性もあります。
こちらでは、肌に優しく効果的に顔汗やテカリを抑えられるアイテムを紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

1位 【サラフェプラス】朝塗れば1日中顔汗知らず♪
サラフェプラス
①発汗抑制⇒高純度パラフェノールスルホン酸亜鉛を配合!薬用成分で毛穴から出る顔汗を瞬間ガード!
②精神的な汗の予防⇒和漢シャクヤクエキス&アロマ配合!カラダとココロのバランスを整え発汗しづらい状態に整えます
③1日中スベスベなお肌⇒茶エキスとワレモコウエキス配合!紫外線やストレスから肌を清浄に保ちます。
【通常価格】9,080円 ⇒ 【初回】2,980円+税+送料無料!
2回目以降も5,480円+税!
安心の返金保証&いつでも解約可能

詳細ページ公式ページ

2位 【アセッパー】自宅でこっそりできちゃう汗ケア♪
アセッパー
今までありそうでなかった汗とニオイの同時ケア
徹底的に調べこだわったアセッパー独自の3ステップケア!
4つのポリフェノールのチカラで身体の内側からサポートします。
②汗の分散をサポートして1日中ドライを目指します。
ニオイに特化した4つのエキスで嫌なニオイを軽減します。
【通常価格】6,800円⇒【初回】4,800円+税+送料無料
2回目からも20%OFFで5,440円+税+送料無料

詳細ページ公式ページ

3位 【薬用ノエミュ】メイクの上から塗ってもOK!
薬用ノエミュ
☆ノエミュが選ばれる5つの理由☆
即効性が違う!顔汗即効ブロック!
⇒高純度のフェノールスルホン酸亜鉛が顔汗を徹底ブロック。
②皮脂やテカリをブロックするから、一日中サラサラ快適!
③無添加なので、敏感肌の方でもOK!
お肌にやさしい成分たっぷり。
⑤国内で徹底して品質を管理しています。
たくさんの人が効果アリ!という安心感
【通常価格】6,980円⇒【初回】980円+税+ずーっと送料無料
2回目以降も4,980円+税

詳細ページ公式ページ

4位 【プレミアムデオヴィサージュ】においも汗も気にしない!
デオヴィサージュ
☆顔にも安心して使える顔汗ブロック3ステップ☆
フェノールスルホン酸亜鉛
毛穴をキュッと引き締めて顔汗をブロック!
シメン-5-オール
⇒肌を優しく殺菌・保湿効果
ウォータープルーフ処方
⇒コーティング作用で汗や水をはじいてサラサラキープ!
【通常価格】7,980円⇒【初回】3,980円+税+送料無料
安心の90日返金保証付き!

詳細ページ公式ページ

顔面多汗症の原因は?顔から出る汗の量が人より多いのはなんで?

顔面多汗症の原因は?顔から出る汗の量が人より多いのはなんで?
  1. 自律神経の乱れや遺伝によるもの
  2. 極度または慢性的なストレスなど
  3. 運動不足

身体が健康であれば、汗は全身から出るのが普通です。
しかし、運動不足などで熱の発生が極端に少ない生活をしていると、汗を分泌する機会がないことから冷えやすい手足などの汗腺が休眠状態に入ってしまいます。

そうなると体温を調節するときには、動きの多い顔などの汗腺から出てくる汗の量が増えてしまうのです。

また、体温調節とは別に緊張や不安、ストレスなどで交感神経が刺激されることで汗が出る精神性発汗もあります。
ただし、これ以外にも病気によって顔汗が出てしまうということもあるため、日常生活に支障が出るほどの汗をかく場合には病院を受診することをおすすめします

病院に行くほどではないという場合には、

  • 顔の汗をこまめに拭く
  • ミョウバン水を顔にスプレーする
  • 首の周りを冷やして体温を下げる
  • 人差し指と親指付け根の部分にある合谷というツボをゆっくり押す
  • アルミニウム配合の制汗剤を利用する事

などが良いとされています。

自律神経を整えるのも効果があり、自律神経を整える効果のある大豆イソフラボンが多く含まれている大豆製品を積極的に摂るようにしたり、睡眠時間をなるべく整えて規則正しい生活をすることなども大切です

顔汗は病気かも?顔面多汗症の症状について

顔汗は病気かも?顔面多汗症の症状について熱があるわけでもなく、運動をしたり、気温が高いわけでもないのに顔から大量に汗が出てきてしまう!
そんな症状は病気かもしれません。

考えられる病気としては顔面多汗症があげられます。
顔面多汗症の原因はさまざまなものがあげられます。

  • ストレス
  • 自律神経の乱れ
  • 遺伝的な物
  • 運動不足

などです。

ストレスや不規則な生活によって自律神経が乱れると交感神経が活性化してしまい汗が出やすくなります。
また、運動不足になってしまうと心臓から遠い手足の汗腺の機能が低下してしまうため、良く動く顔などから汗が出やすくなってしまいます

顔汗の症状対策|顔の汗が止まらないときはどうしたら良い?

顔汗の症状対策|顔の汗が止まらないときはどうしたら良い?顔汗の症状を止めるためには、さまざまな方法があります。

クリニックでは神経伝達物質を抑制して汗を抑えるボツリヌス注射があります。
そして、神経遮断薬の処方などをして貰えることができます。
また、漢方薬も有効です。

まずはセルフケアをしたいという場合には、

  • スーパーや薬局で売っているミョウバンを使ってミョウバン水を作り薄めて顔にスプレーする
  • 胸を専用の帯などでキツく締めることで汗を出さないようにする
  • こまめに汗を拭くようにする
  • アルミニウム配合のデオドラント製品を使う

などが良いとされています。

顔汗で困らない!自分でできるおススメの顔汗対策とは

顔汗で困らない!自分でできるおススメの顔汗対策とは熱があるわけでも、気温が高いわけでもないのに顔汗が出てきてしまう、そんなときに考えられるのが顔に症状の出る多汗症です。

顔面多汗症の原因は、自律神経の乱れや極度か慢性的なストレス、遺伝によるものなどが考えられます。
日常生活に支障が出るほど汗が多い場合には、病院を受診してみることをおすすめします。

病院に行くほどではないという時の自分でできる対策としてはこのようなものが挙げられます

こまめに汗を拭いて気持ちを落ち着かせる

基本的なこととして汗を拭くことが大切です。
清潔なハンカチを常に持ち、場合によっては数枚持ち歩くことが良いとされています。

汗拭き用のウエットティッシュで拭くこともおすすめです。
引き締め成分が配合されているので、肌がスッキリしますし気持ちも爽やかになります。

制汗・消臭効果のあるミョウバン水をスプレーする

制汗・消臭効果のあるミョウバン水をスプレーするスーパーや薬局などで購入できるミョウバンを、水で溶かして2日程度放置します。
それを、20~50倍程度に水で薄めてスプレーなどで顔に吹きかけるという方法です。

ミョウバンは水に溶かすことで酸性になります。
ニオイの元となるアルカリ性を好む皮膚の雑菌の繁殖を抑えることもでき、消臭効果も期待できます

半側発汗法を利用した顔汗を抑える方法

お金をかけずに、顔の汗を抑える方法です。
顔汗の場合には胸を圧迫することで顔の汗を減らすことができ、専用の紐や帯などで行ないます。

舞妓さんが、着物の帯で胸を強く圧迫するのは、顔の汗を抑えることで化粧崩れを防いでいるからです。

半側発汗」とは、身体の一部を圧迫することで、圧迫されている側の汗の量を減少させる方法になります。
汗は、体の圧迫されている側の汗が減って、反対側の汗が増えるという性質があります。

つまり体の上半身を圧迫すると、顔の汗は減りますが、逆に下半身の汗は増えるということです。
常に体の一部分を圧迫することはできないので、浴衣の腰紐などで胸を強く縛ると効果的です。

リンパが集まる首の後ろを冷やすと発汗が抑えられる

リンパが集まる首の後ろを冷やすと発汗が抑えられる首の後ろを冷やすのも良いとされています。
首の後ろにはリンパが集まっています。

リンパとは免疫器官の1つで、体を病気から守るときに活発に働き発熱します。
静脈が冷やされて血液も冷えるため体温を下げて発汗を抑制します。

保冷剤や冷えた缶ジュースなどを首の後ろに当てることで、一時的に温度を下げられます
外出時、人が多い電車に乗る場合には冷却シートを首の後ろに貼っておくのも良いです

服から見えないように、シートを切って使うと良いかもしれません。

リラックスして自律神経の乱れを改善させる

また、自律神経の乱れを改善するためには食事や睡眠も重要です。
女性ホルモンが乱れると交感神経が活性化し、副交感神経が抑制されるため汗が良く出るようになります。

自律神経を整える大豆イソフラボンの多い大豆製品を積極的に摂り、なるべく規則正しい生活習慣を身につけることが大切です

顔汗をかきやすい人のための汗を止める方法

顔汗をかきやすい人のための汗を止める方法病気でなくても顔汗をかきやすい体質の方もいます。
顔汗をかいてしまうことで、女性の場合には、せっかくきれいにしたメイクも汗でダメになってしまうこともあります

ハンカチやタオルを常備して汗を拭いても、どうしてもメイクが崩れてしまいます。
そのような状態に陥らないために、顔汗を止める方法としては、まず冷やすことです。

汗は、体温が上昇してしまい、その熱をさますために汗がでます。
汗がでることで、一時的に体の熱をさます効果が期待できます。

そのため、早く熱をさますためには、太い血管がある部位を冷やすといいでしょう

顔汗をかかないために熱を冷ます方法

顔汗をかかないために熱を冷ます方法首の後ろには保冷剤

顔汗の場合には、首の後ろにある血管を冷やすようにすると早く顔の熱を冷ますことにつながります
保冷剤やペットボトルの飲料を当てたり、ハンカチやタオルを水で濡らして、首にあてておくといいでしょう。

制汗剤

また、市販されている制汗剤を使うのも効果が期待できます。
制汗剤は顔用のものを用い、一時的に汗を食い止めるために使いましょう。

多用することはあまりいいとはいえません
外出時に使用した場合には、帰ったら制汗剤をシャワーで洗い流すようにしましょう

リラックスすることが大事

その他にも、ストレスや過度の緊張により顔汗をかいてしまうことがあります。
その状態を防ぐには、気持ちを落ち着けてリラックスすることが大切です。

緊張状態やストレス状態にあると、交感神経が活発になったり、刺激をうけるため、汗がでやすくなってしまいます。

一度深呼吸をするなど気持ちを落ち着けるのも顔汗対策になるでしょう

顔汗対策用ケアアイテム「サラフェプラス」の効果と体験談

顔汗対策用ケアアイテム「サラフェプラス」の効果と体験談もともと汗っかきな体質で、一年中ちょっと動くとすぐに汗をかいていました。
特に顔汗がコンプレックスで、せっかくのメイクも汗のせいでいつもドロドロになってしまい、その都度メイク直しが必要でした。

顔汗対策用のケアアイテムも色々使ってはいたのですが、あまり改善されることもなくほとんど諦めていました。

それに肌が少し弱いので、刺激成分などが入っているとすぐに荒れたり赤みが出たりと、なかなか頻繁に使うことも出来ませんでした。

そんな時ネットの口コミでサラフェプラスを見つけたんです。
最初はちょっと高いなと思ったのですが、サラフェプラス効果体験談などを読んでいて、これで効果があるならと藁にも縋る思いで購入しました。

早速いつものメイクの下地として塗ってみたのですが、すぐに効果は実感できました
いつもなら間違いなく顔汗をかいているシーンでも化粧がほとんど落ちていない!
正直そんなに期待していなかったのでびっくりしました。

メイク直しの回数が減ったのは本当に嬉しかったです。
更に、メイク前に塗るだけなので手間もかからないし、毎日塗っていても特に肌荒れするようなこともなく、敏感肌の私にも安心して使うことが出来ました

今ではもうサラフェプラスは手放せません。
ずっとコンプレックスだった顔汗ですが、サラフェプラスのおかげでかなり良くなったので人前に出ても大丈夫です

自分にも自信が持てるようになりました
今はもう定期購入しているので、これから先もずっと使い続けたいです。

▼吹き出る顔汗を防ぐならサラフェプラス▼

>>顔汗対策におすすめのサラフェプラスをお得にゲット!<<

顔汗を何とかしたい!効果とコストで選ぶおすすめランキング

ランキング1位サラフェプラス 《顔汗も抑える制汗クリーム》
朝塗れば1日中顔汗知らず♪精神的な汗の予防にも!

ランキング2位アセッパー 《体の内側から汗・臭いを改善するサプリ》
今までありそうでなかった汗とニオイの同時ケア♪

ランキング3位薬用ノエミュ 《メイクの上から塗ってもOK!》
朝塗るだけで一日中サラサラ快適!

▼顔汗がひどい!治す方法を知りたい時は▼
顔汗を治したい!おすすめランキングはこちら>>>>顔汗対策おすすめランキングの詳細はこちら<<