デリケートゾーンの悩みと対策

気になるデリケートゾーンの臭い|過度に洗うのは危険?

気になるデリケートゾーンの臭い|過度に洗うのは危険?

デリケートゾーンの臭い、気になりますよね。
臭い=汚れている、不潔だというイメージは確かにあります。

尿やおりものなどで汚れてしまうため、それは間違いではありません。
しかしその汚れを取り除くためにデリケートゾーンを過度に洗うのは危険なのです。

デリケートゾーン特有の臭いは乳酸菌によるもの

デリケートゾーン特有の臭いは乳酸菌によるものデリケートゾーンには乳酸菌の一種が住み着いており、乳酸を生成しています。
乳酸は酸性の性質があるので外部からやってきたウイルスや細菌を殺菌してくれる役目があります。

その働きによって、病気になるのを防いでくれています。
臭いが気になるから、とデリケートゾーンを過度に洗いすぎてしまうことはよくありません

役に立っている乳酸菌まで殺菌してしまうことになるからです。
外部からウイルスや細菌がやって来ても撃退する方法がなくなってしまいます。

その結果、カンジダやクラミジアなどデリケートゾーンの病気になりやすくなってしまいます
自然治癒するケースもありますが、パートナーへの感染を防ぐため病院に行く事態になってしまいます。

デリケートゾーンを洗うときに気を付けたいこと

デリケートゾーンを洗うときに気を付けたいことデリケートゾーンを洗うのは確かに重要なことです。
洗い方に気を付けることで、感染症の感染を防ぎながら臭いを防ぐこともできるのです。

洗うときの注意点

デリケートゾーンの皮膚は顔の皮膚よりも薄いと言われているます。
ごしごしとこすらないようにすることが肝心です

しっかりとボディソープを泡立ててから、陰毛、陰核、性器部分、会陰部分、肛門の順に洗っていくようにします。
特に大陰唇の部分には臭いの元になる汗を分泌するアポクリン腺があるので、しっかり洗うようにします

デリケートゾーンを傷つけないように

デリケートゾーンは複雑な構造をしているため洗い逃しが起こりやすいので、しっかりとチェックしながら洗うようにしましょう。
この時に爪が長いと傷をつけてしまう可能性があるので、洗う時には指の腹で皮膚を傷つけないようにします

膣内もボディソープなどで洗おうとする人もいます。
これこそが乳酸菌を殺菌してしまう原因です。

どうしても膣の中を洗いたいという場合には、専用の洗浄剤を利用するようにしましょう。
体を洗うのと同じボディソープで洗わないようにしましょう

デリケートゾーンの臭い対策に!効果とコストで選ぶおすすめランキング