顔汗の悩みと対策

顔汗の悩みを抱えているゆらぎ世代が多いことをご存知ですか?

顔汗の悩みを抱えているゆらぎ世代が多いことをご存知ですか?

ゆらぎ世代とは40代半ばから50代半ばごろいわゆる更年期の症状が出始める世代を差しています。
このゆらぎ世代になると体のあちこちに様々な変化が出てきます。

そのひとつが顔汗です。
以前はこんなことなかったのに、ゆらぎ世代になったとたん顔汗がひどくて外出もままならないという方はいませんか?

その悩みは自分だけではありません。
多くのゆらぎ世代の方が抱えている悩みなのです。

どうして顔汗が出てしまうのかその原因を突き止めましょう
さらに汗と一緒にニオイ対策も始めましょう。

顔汗は更年期症状のひとつ。顔汗に悩まないで!

顔汗は更年期症状のひとつ。顔汗に悩まないで!更年期症状と言っても人それぞれ、体の不調の現れ方は様々です。
ほかの人から見ると分かりにくいものが多いです。

こんなに悩んでいるのは自分だけとか、誰もこの悩みを分かってくれないなど気持ちが沈みがちです。

自分た思っている以上に自分と同じ悩みを抱えている人は多いのです。
その中のひとつに顔汗がありますが、家にいるときならまだいいものの、外出先で顔汗が止まらなくなると非常に困ります。

特に女性はメイクが崩れてしまうほど顔汗が出る方もいるぐらいです
かえってノーメイクで歩いたほうがいいのではと考え込んでしまうほどです。

なぜ更年期になると顔汗が多く出るようになるのかというと、これはホットフラッシュと呼ばれているものです。
更年期障害の症状としては結構多い症状のひとつとして知られています。

いわゆる発汗、ほてり、のぼせと言われているものです。

ホットフラッシュの代表的な症状

  • 特に体を温めるようなことをしていないのに顔が急に熱くなる
  • 顔汗、脇汗など汗が急に止まらなくなる

なぜこのようなことが起こるのかというと、更年期障害によって自律神経の働きがうまくいかなくなるためです。
自律神経の乱れによって血管が縮んだり伸びたりする働きが鈍くなってしまいます。

これがホットフラッシュと呼ばれる症状です。
更年期障害によってホットフラッシュが起きていると診断されたときは、更年期障害の治療を受けることで症状が軽減されます

更年期障害の治療をすると顔汗も軽減される

更年期障害の治療をすると顔汗も軽減される外出先で突然ホットフラッシュが起きて大変ですよね。
仕事にも支障が出てしまうので困っていませんか?

そのような場合は、一度病院で診察を受けて原因をはっきりさせるといいでしょう。
更年期障害と診断されることはショックかもしれませんが、原因が分かれば治療によって症状が軽減されるため楽になるはずです。

更年期障害の治療方法

ちなみに治療法は飲み薬タイプと、張り薬タイプがあります。
例えば胃腸が弱くて飲み薬だと飲み続けるのが困難という場合は、張り薬タイプで治療を行います。

皮膚から直接薬の成分が浸透するため、胃腸に負担がかからないタイプのお薬です。
どちらもエストロゲンやプロゲステロンなどが配合されているお薬です。

更年期障害によって女性ホルモンが減るとどうなるか

更年期障害によって女性ホルモンが減るとどうなるか女性が女性らしく過ごすために必要な女性ホルモンが減ってしまうと、本来必要なホルモンが不足することで体に様々な影響を与えます。
女性ホルモンには汗腺を調節する働きがあります。

ところが更年期近くなってくると女性ホルモンの分泌が減ってしまい、汗腺の調節が出来なくなってしまいます

そのため、特に運動をしているわけでも気温が高いわけでもないのに、突然汗が噴き出してくるのです。
洋服を着ている部分なら隠せるものの、顔汗は一目で周囲にバレてしまいますから、深刻な悩みと言えるでしょう。

しかも更年期の汗には特徴があり、特に胸から上に汗をかくケースがほとんどです。
思い当たる節がある方も多いのではないでしょうか。

更年期障害では顔、首回り、胸の上半身に汗をかきやすい

おなか周りやお尻、太ももなどはそれほどでもないのに、例えばブラジャーが汗で冷えて冷たくなることが珍しくないという女性も少なくありません。
更年期の多汗症の症状は顔、首回り、胸に汗をかくのが特徴です

おそらく手足は冷え性のままという方も多いでしょう。

寝ている間にも胸から上に汗をかくので朝起きたら必ず下着もシーツも枕カバーも変えるという女性は珍しくありません。
体調がすぐれないときにシーツも枕カバーも変えるのは億劫なので、寝る前に枕の下にバスタオルを、枕の上にフェイスタオルを敷いているという上級者もいます。

確かにこれならバスタオルとフェイスタオルを洗うだけなので楽でしょう。

更年期の多汗症の症状は今すぐ目に見えて症状が改善さらるわけではありません。
悩みがずっと続く状態が辛いですが、ひとつずつ出来ることから始めてみましょう。

先にも話しましたが自律神経が乱れることで汗腺が上手に働いてくれないのですから、自律神経の乱れを整える環境を作りましょう

更年期障害を和らげるためには

更年期障害を和らげるためには例えばストレスを強く感じているというのなら、自分なりにストレスを解消する環境を作るのです。
ほんの小さなことでも効果が出るといいます。

例えば自分の好みのアロマオイルを湯船に数滴たらしたり、アロマオイルがなければ入浴剤にこだわってみてください。
一番いいのはその日の気分で香りを使い分けることです

これなら香りによるリラックス効果はもちろんのこと、気分転換にも繋がります。
クタクタになるほど疲れた一日の終わりには、楽しいバスタイムが待っていると考えるだけでもリラックス効果が高まるでしょう

更年期障害で顔汗や脇汗の量が多いとニオイが気になる

更年期障害で顔汗や脇汗の量が多いとニオイが気になる汗を多くかくと、次は汗のニオイが気になります。
自分が気になるということは周囲の人はこのニオイに気づいているのだろうと考えれば、なおさら気になって仕方がありません。

実は汗には種類があります。

サラサラした汗とベタベタした汗のニオイは違う

体を動かしたときにかいた汗はサラリとしています。
サラサラの汗は鼻に近づけると、ほとんどニオイがしません。

ところが、精神的ストレスによる発汗でかいた汗は手触りがベッタリしているのが特徴です。
汗の濃度が濃いような感じです。

体を動かしてかいた汗はサラリとしているので蒸発しやすいのですが、精神的発汗でかいた汗はベタベタドロドロしているので、蒸発しにくいのが困ってしまいます。
汗が蒸発しないと私たちの体は体温調整がうまくできなくなります。

その結果、いつまでもベタベタした汗が止まらないのです。

サラサラした汗には水分と塩分だけが含まれているためニオイがしません。
しかし、ベタベタした汗には実はアンモニアやタンパク質などニオイの元となる成分が含まれています

汗そのものはニオイがしませんが、肌表面にある雑菌と交じり合うことでニオイが発生します
ベタベタ汗が臭うのは、汗に含まれている成分と雑菌に原因がありました。

汗の量は自律神経の乱れが整ってくれば自然に戻りますが、それまでの間にベタベタ汗のニオイをなんとかしなければなりません。
雑菌と交じり合ってニオイを発生しますから、まずは肌表面を清潔に保つことが大切です

ニオイの原因を取り除くことが、更年期の汗対策になる

ニオイの原因を取り除くことが、更年期の汗対策になる更年期の汗は胸から上にかく特徴をもっているので、外出先でもトイレなどに入ればケアできる範囲です。
ボディ用のウェットティッシュなどを使って汗を拭きとってください。
下着も濡れてしまっている場合は替えの下着に着替えましょう。

症状が治まるまでしばらくは面倒な日々を送ることになりますが、何もしないで汗の嫌なニオイで悩むよりも、ニオイ対策として肌表面を清潔に保つためのケアを取り入れてみましょう。
ボディ用の制汗グッズとしてローションやクリームなども販売されています。

ボディ用ウェットティッシュで汗を拭きとったあとにボティ用制汗剤を使うのも一つの方法です

顔汗を何とかしたい!効果とコストで選ぶおすすめランキング

ランキング1位サラフェプラス 《顔汗も抑える制汗クリーム》
朝塗れば1日中顔汗知らず♪精神的な汗の予防にも!

ランキング2位アセッパー 《体の内側から汗・臭いを改善するサプリ》
今までありそうでなかった汗とニオイの同時ケア♪

ランキング3位薬用ノエミュ 《メイクの上から塗ってもOK!》
朝塗るだけで一日中サラサラ快適!

▼顔汗がひどい!治す方法を知りたい時は▼
顔汗を治したい!おすすめランキングはこちら>>>>顔汗対策おすすめランキングの詳細はこちら<<