顔汗の悩みと対策

顔汗改善のツボの部位と効果を解説

顔汗改善のツボの部位と効果を解説

顔汗は人目に付きやすく特に女性は化粧が崩れてしまうので、悩んでいる人は多いと思います。
現代人に多い運動不足だと、心臓から遠い脚や腕などから汗が出にくくなり、顔汗が増える原因になります。

顔汗は他の部位からかく汗よりベタベタしているので、気持ち悪く感じやすいです。
そんな顔汗を改善するために即効性があり効果的なのは、ツボを刺激する方法です。

顔汗を抑えるツボをご紹介!

顔汗を抑えるツボをご紹介!
  • 屋翳と呼ばれる乳首の3~5センチほど上の部分にあるツボ
  • 即効性がある大包と呼ばれる脇の真ん中から下にあるツボ

このツボを押さえるときのポイントは左右両方同時に抑えることが大切です。
2、3分間ぎゅーと押さえて力を緩めるという風に刺激します。

結婚式などドレスアップする時は、このツボを常に押さえて刺激すると汗が抑えられます。
化粧崩れや衣装を汚すことを防ぐことができるので、たいへん役立ちます

無理に汗を止めると身体に悪いのではと心配になる人もいますが、他の箇所から汗を出しているので問題ありません。

ツボを押すと、顔汗が止まるのはどうして?

ツボを押すと、顔汗が止まるのはどうして?なぜツボを刺激すると汗が止まるのかというと、皮膚圧反射という現象によるものです。
身体の一部が汗をかきにくい状態になっていると、他の部位から代わりに汗が出るという現象です。

例えば寝ている時などは、布団に触れている背中は汗がかきにくく、お腹側がその分汗が出やすくなります。
他にも半側発汗といわれる左右上下のいずれかを圧迫することによって、圧迫された方の汗を抑え反対側が汗が出やすくなるという反射機能が働きます。

ツボを刺激することで、上半身の汗を抑えましょう

左右のツボを同時に刺激することによって上半身の発汗を抑えることができ、その分下半身から多く汗が出ます。
着物を着ると顔から汗が出にくくなると言われており、それは紐や帯によって皮膚圧反射と半側発汗が働くためです。

普段着物を着る機会は少ないので実践しにくいですが、ブラジャーのホックをきつめにすると同じような効果を得ることが出来ます
また他にも自律神経の乱れによって顔汗が出やすくなるので、自律神経を整えるツボも効果が期待できます

顔汗を何とかしたい!効果とコストで選ぶおすすめランキング