多汗症の悩みと対策

多汗症が心療内科の治療で改善した事例とは?

多汗症が心療内科の治療で改善した事例とは?

日本人の中では、1%~2%の人が多汗症に悩んでいると言われています
意外と少ないと思われがちですが、実際に治療に訪れる人はごくわずかです。

実際にはもっと多くの人が多汗症の症状で悩んでいます

多汗症の症状について

多汗症の症状について顔や手、足などを中心に、通常よりも汗が多く出るのが特徴です
原因がはっきり特定できないものもあり、制汗対策か手術をする方法しかないと思っている方もいます。

精神的なものが原因で多汗症となっている場合もあります。
心療内科で適切な治療をすることで、嘘のように汗が減ったという事例が多いのが事実です。

このケースは、緊張性多汗症とよばれるもので、文字のごとく、緊張や不安、興奮などの精神的活動が影響するものです

緊張性多汗症の治療には心療内科を受診しましょう

緊張性多汗症の治療には心療内科を受診しましょう通常、私たちの発汗という症状は、自律神経でコントロールされています。
自律神経は、交感神経と副交感神経とでなっています。

交感神経が刺激されると発汗を誘発する

ストレスや何等かの理由で交感神経が刺激されると、発汗が多くなる傾向があります。
これは、多汗症の人のみならず、誰にでも当てはまるものです

副交感神経が優位になると発汗が抑えられる

逆に、副交感神経が優位な時は、汗の量が減り、精神はとてもリラックスした状態になります。

この2つのバランスで私たちの自律神経は汗をコントロールしています。
ストレス状態が長いと、常に交感神経が刺激され、多汗症になってしまうと言われています

予期不安も原因の一つ

また、物事が起こる前から、「どうしよう」と不安になってしまい、それを想像するだけで、汗が出てくる人もいます。
これは予期不安と言い、緊張性多汗症に最も強く関わっていると言われています。

心療内科が多汗症に治療効果のある理由

心療内科が多汗症に治療効果のある理由身体に特に異常が無かった場合、心療内科での治療を行います
どのような治療をするのかいくつかご紹介します。

ボトックス注射

「汗が出たらどうしよう」という不安に駆られることが多いケースに使います。
ボトックス注射を打ち、数回、汗を抑えることで、「自分は大丈夫だ」という安心感が生まれます。

抗不安剤

抗不安剤の服用で、緊張を抑えることで、発汗が抑えられるケースもあります。

このように、心療内科では個人の心の状態を考慮して、最も適した治療が行われます。
気にならなくなったらいつの間にか改善した、という事例も少なくないのです

多汗症対策に!効果とコストで選ぶおすすめランキング

ランキング1位サラフェプラス 《顔にも使える制汗ジェル》
薬用成分で毛穴から出る顔汗を瞬間ガード!

ランキング2位ファリネ 《手汗専用パウダー》
塗った瞬間からべとべとがサラサラに!!

ランキング3位ラポマイン 《脇汗専用の汗・ニオイケア》
除菌率99.9999%で菌を発生させない!

▼多汗症がひどい!治す方法を知りたい時は▼
多汗症を治したい!おすすめランキングはこちら>>>>多汗症対策おすすめランキングの詳細はこちら<<