ケースごとの手汗対策

手汗がひどい人の悩み|手をサラサラにする方法

手汗止める方法

手汗は緊張をした時や、何らかの精神的な圧力を感じた時に、手から異常な汗が出て来るというものです。
特に健康被害を起こすようなものではありません。

手のほかに、顔や脇からも異常な発汗がある場合が多いです

手汗は意外と困る場面が多い

手汗は意外と困る場面が多い手の場合は生活をする上で必ず動かすパーツです。
コミュニケーションの役目である「握手」をすることもあるでしょう。

手は誰かに物を渡す等、いろいろな動作を日常的に行っています。
人と何らかの接触をする時に、サラサラした手であれば良いのですが、手にひどい汗が出てしまうと相手からはあまり良い印象を持たれません。

握手をしたり、なにか物を受け取ったりした時にサラサラとした感触がなく、汗でべったりしていたらあまり良い気持ちはしないものです。
手汗自体は健康面で直接に害をなすことはありませんが、ひどいものになると生活面ではとても困る事を引き起こします

手汗・ひどい汗に悩む人は日本だけでも約635万人

手汗・ひどい汗に悩む人は日本だけでも約635万人手汗を含め、顔や脇などから異常な程の汗が出る事で悩んでいる人は、推定で日本国内におよそ635万人ほどいるとされています。
この数字は人口の約5%程度にあたり、手汗が決して珍しいものではない事を意味します。

顔や脇の異常発汗やひどい手汗は、日常生活の障害となる事もあるものです。
困っている人は本当に困っている、と言うよりは困り果てているという状態です。

特に手はあらゆる行動で動かす必要があるので、ひどい手汗があると生活に支障が出る事もあります
手がサラサラしているということは、ひどい手汗に悩む人からすると、とてもうらやましいものです。

普通のことが普通にできなくなるのがひどい手汗なのですが、普段から手がサラサラしている人からすれば、その苦労はわかりにくいものでもあります

手汗がひどいのは「多汗症」

手汗がひどいのは「多汗症」ひどい手汗は「多汗症」と言われる病気の1つです。
特に手の場合は「手掌多汗症」や「原発性局所多汗症」と言われます。

精神的な緊張を感じると大量の汗が手から吹き出るという病気で、医療機関での治療が可能です。
治療法はかなり多く、基本的には外用薬や内服薬によって手汗を出にくくします。

ひどい手汗でも治療を行なうと多くの場合で手汗を抑えることが出来ますが、医療機関によっては手術で根治することも可能です
手汗はその発汗量によってレベルがあり、自分で判断することができます。

  • レベル1 手が湿っていて光を反射する状態
  • レベル2 誰から見ても汗が出ていることがわかり、水滴が見える
  • レベル3 汗が流れ落ちるほど発汗する

ひどい手汗と言われるのはレベル2からですが、レベル1であってもサラサラした手と比べると日常生活に影響することがあります。
レベル1でも手を動かすと汗が飛び散る事があるので、単純にレベルが低いから軽いというわけではありません

ひどい手汗に悩む人がサラサラの手にするには

ひどい手汗に悩む人がサラサラの手にするにはひどい手汗で悩む人がサラサラの手にしたいのなら、医療機関での治療が一番ですが、ドラッグストア等で売られているデオドラント商品も有効です。

最近では手汗専用のパウダー等、専用のものが販売されています。
手につける事で汗を抑え、汗が出てもサラサラな状態を維持してくれます

軽度の手汗であれば十分効果を望めるものです
しかし、汗を抑える効果が出ない事もあるので、使ってみて効果を感じられない時は医療機関で専門的な治療をした方が確実です

漢方薬にも、ひどい手汗に有効なものがあります。
ドラッグストアでも購入できるので手軽ではありますが、手汗に有効とされる漢方薬は数が多く、原因となるものを見抜けないと効き目が期待できません

ほかにも、心理療法や精神安定剤、神経遮断薬を使う方法があります。
手汗を抑えてくれる方法は数が多いのですが、一番確実にひどい手汗を解消してサラサラの手にしたいのなら、医療機関で手術を受ける事です

多汗症は保険適用なので、手術や投薬による治療は健康保険が適用されます

手汗の手術は以外に簡単?出来る病院は沢山ある?

手汗の手術は以外に簡単?出来る病院は沢山ある?手汗を抑える手術は、交感神経の切断という方法で行われます。
内視鏡で背骨のそばにある交感神経を切断する手術で、10分程度で終了します。

小さな穴を脇の下にあけて、そこから内視鏡を入れる手術なので体の負担が小さく、効果も確実なものですが、まれに効果が出ない事もあります。
また、脇から上の部分の汗が出にくくなるという副作用があるので、汗による体温調節に影響が出る事も考慮しなければなりません。

ただ、多くの場合でサラサラの手になれます。
生活に支障をきたす程のひどい手汗に悩まされているのなら、十分な選択肢になるものです

手汗への対処方法|どの方法を選ぶかはよく考えよう

手汗への対処方法は、手軽なものから根本治療まで幅広くあります。
生活に影響する事ではありますが、治療が出来るものなので諦める事はありません。

ひどい手汗は、治すことが出来ます
べたつく手からサラサラの手にすることは難しい事ではないので、悩んでいるのなら自分にあった方法で対処してみてください。

どうすればわからないのなら、医療機関での診察を受ける事をおすすめします

手汗で困っている人の悩みやストレス

手汗で困っている人の悩みやストレスひどい手汗の一番困る所は、日常生活が難しくなるほど大量の汗が吹き出てしまう事です。
緊張をする、何らかのストレスに晒される等、精神的な圧迫を受けると、手から大量の汗が吹き出します。

手がサラサラしている人には想像もつかない量の汗が出ることもあり、ひどい手汗は日常生活に大きな影を落とします

手汗は仕事に影響する

ひどい手汗は、仕事に大きな影響を及ぼします。
職種は問わず影響しますが、特に飲食業や製造業、営業職など、食材や人に手で触れる仕事では致命的になる事もあるため、時に生き方をも左右します。

飲食業の場合は、ひどい手汗によって食材に触れることが衛生的に問題となります。
手袋をつけても汗が手袋から出てしまうこともあるので、手袋をつけたとしても衛生的な問題は拭えません。

飲食系の接客であれば料理を運ぶ時に手汗が付いてしまい、客に不快な思いをさせてしまうこともあります。
営業や事務、土木業などでも同じで、ひどい手汗でパソコンや電話をして汗で滑ってしまう、またはスマホが壊れやすいなどの悩みがあります

書類や作業に使う機器に汗が付着して仕事を妨げてしまうこともあります。

営業職であれば、あいさつとして握手をする機会も多いものです。
握手の前に手を毎回拭いておかないと、相手に汗だらけの手を握らせてしまいます。

ビジネスの現場としては、これは好ましいものではありません。

サラサラの手であれば、このような問題は起きることはありません
しかし、手から「汗」が吹き出すということは、仕事という生活に必須である行動に想像以上にひどい影響を及ぼします。

手汗は学校でも影響がある

ひどい手汗は、学校生活にも影響します。
授業や部活にも障害になることがあり、ひどい手汗が勉学の妨げや学校行事の妨げになったり、いじめの理由になることさえあります

学生といえども、ひどい手汗があると普通の学校生活が送れないこともあるため、決して軽く考えてはいけないものです

手汗がなぜ生活に影響するのか

手汗がなぜ生活に影響するのかひどい手汗の原因は精神的な圧力、つまり緊張です
緊張が原因で手から汗が吹き出すので、学校や会社に入りたての環境に慣れていない時が一番ひどい手汗に悩まされます。

環境に慣れて緊張しなくなればひどい手汗は出にくくなりますが、新しい環境で緊張するのは誰にでも起こることです。
これからその環境でやっていかないといけない時に、ひどい手汗によって環境になれる事ができず、そのことが更に精神的な緊張を生み出す事もあります。

また、他人の汗は誰からみても不潔なものであり、決して歓迎されることはありません。

サラサラな手を持つ人からすると、手汗の多い人は不潔に感じるかもしれません。
しかしひどい手汗に悩んでいる人にとっては、死活問題です

特に今の社会はパソコンやスマートフォンなどの電子機器を日常的に扱う事が多いでしょう。
水分である手汗は電子機器の故障を招く恐れもあるため、とても不便です。

少々大げさに感じるかもしれませんが、ひどい手汗はそれだけ影響が大きいものです

手汗対策!効果とコストで選ぶおすすめランキング