ケースごとの手汗対策

ストレスが手汗の原因?手汗が起きる理由

ストレスが手汗の原因?手汗が起きる理由

手汗が起きる原因の一つに、ストレスがあります。
実はストレス自体にも汗を出してしまう原因としても要素があり、これは手汗のない人でも出てしまうものです。

冷や汗や脂汗などがそれにあたり、一時的なストレスが原因で、必要のない発汗を起こしてしまいます。

ストレスで起こる手汗の正体!

ストレスで起こる手汗の正体!手汗も本来は必要のない発汗なのですが、ストレスを感じてしまうと、緊張のあまり発汗することもあるものです。
手に汗握る」とはいいますが、まさにこの事を言う言葉でもあります。

ストレスが原因で手汗が出る原因

身体にストレスが掛かると、自律神経の1つである交感神経が興奮する事があります。
これはストレスに対して、身体が対抗しようとする反応でもあります。

ストレスが一定の強さを超えてしまうと、体の震えや手汗が出てきます
原因であるストレスが和らぐと、少しづつ手汗も引いていき、発汗自体も収まります

この場合は、手汗には違いがないのですが誰にでも起こる可能性のあるものであり、特に問題はありません。

しかし、もともと身体に異常があり、それが手汗の原因になっている場合は、ストレスは引き金でしかありません

ストレスが引き金となって手汗がいつまでも止まらない場合

ストレスが引き金となって手汗がいつまでも止まらない場合

多汗症が原因の手汗はストレスが原因ではない

ストレスが原因、と言うよりも「引き金」となって起こる手汗は、身体に何らかの異常がある人に起こります。
身体に何らかの異常があると、手汗を出してしまうスイッチのようなものが過剰反応します。

身体の異常によりスイッチが過敏になっていると、ストレスを感じた時点ですぐに手汗を出すスイッチがONになります
ストレスが和らいだ後でもスイッチはONになったままになるので、手汗が止まる事がありません。

説明としてはかんたんですが、ストレスで汗を出すスイッチが入るタイプは「多汗症」と言われる病気です
このタイプはストレスが直接の原因で起こる手汗とは、メカニズムが違うので全くの別物です。

多汗症はまだ詳しい原因が特定されていない病気ですが、遺伝子病であることが最近になって分かってきました。

多汗症はストレスが引き金となり、交感神経に何らかの異常が起きてしまい、手や顔、脇や足の裏から止まること無く汗が出てしまいます。
ストレスだけが原因になるわけではありませんが、緊張状態になると多汗症の症状は現れやすくなります

治療が必要な多汗症の目安

治療が必要な多汗症の目安多汗症で手汗が起きている場合は、どの程度の手汗なのかを表した「レベル」という目安があります。
レベルは1から3まであり、数字が大きくなるほど発汗が多くなり、生活への悪影響も大きくなります

ただ、治療を考える場合はレベルによる判定よりは、手汗でどの程度の影響があるのかが重要です。
レベル1の軽度であっても、仕事や生活様式、年齢や性別などのいろいろな要素で影響の有無は変化します。

レベルによる手汗の判定は選択する治療方法の選択肢の選別に必要になります。
しかし、多汗症による手汗の治療は、本人の意志が一番重要なものです。

レベル1だから治療はいらない、レベル3だから治療は必須ということではありません。
手汗の治療は、医師と相談の上でより良い形で行なうのが一番良い選択です

手汗に隠れる病気はほかにもある!どんな病気が隠れているのか

手汗に隠れる病気はほかにもある!どんな病気が隠れているのか手汗には、多汗症とは違う病気が原因になっているものがあります。
手汗の原因となるのは、糖尿病や自律神経失調、バセドウ病、甲状腺異常などが挙げられます。

手汗を起こす原因と、手汗に隠れている病気自体は検査をすると分かります。
原因となる病気の特定自体は難しくありません

多汗症ではない場合は、原因となっている病気を治療すれば、手汗は次第に収まっていきます

多汗症であっても手汗の症状があるとは限らない

多汗症だからといって必ず手汗が出るというわけではありません。
また多汗症ではなくとも手汗が出やすい人がいるので、明確に関係があるとは言えません。

多汗症自体はまだ研究の最中であり、原因の特定もされていない病気です
ただ、今後明確な関連性が発見される可能性もあります。

ストレスや病気が原因ではない手汗が出る理由

ストレスや病気が原因ではない手汗が出る理由手汗の中には、ストレスや病気が原因ではないものがあります。
色々な場面で手汗は起きてしまうものですが、特に運動後や特定の季節になると、手汗が出る場合は、ストレスや病気によるものではありません

運動や特定の季節に出る手汗は、単純に気候の変化や、気候そのものの影響と、運動による体温上昇が原因です。

体温調節のため

季節による手汗は、夏場の暑い時期によく起こります。
これは、単純に汗が出やすい人が体温調節のために身体が汗を出しているのが原因で、手汗といっても一時的なものです。

体温上昇によるもの

運動後も同じで、身体の熱を冷まそうする体の機能が原因で汗が出ているだけに過ぎません。
特に汗が良く出る運動や、土木作業などの仕事で日常的に汗を流す人には多く見られるものです。

手だけではなく、脇や足の裏などからも汗が吹き出る事があります

体温上昇や調節のための手汗は誰にでも起こる

体温上昇や調節のための手汗は誰にでも起こる日常的に汗をかく人は汗を出す汗腺が発達しているので、運動や季節によって手汗が出やすくなります。
汗腺の発達がなくとも、暑い夏場には手汗が出ても正常な身体の反応でしかありません

病気ではない手汗であっても滴るように発汗する事もあります。
手汗だから多汗症や他の病気であると決めつける事はできません。

手汗だから病気と決めつける事はせず、不安があるのなら医療機関で診断を受けることをおすすめします

ストレスによる手汗を軽くする方法は身近なことから始めよう

ストレスによる手汗を軽くする方法は身近なことから始めよう多汗症ではない手汗で、ストレスによるも手汗を軽くしたいのであれば、

  • ストレスに慣れる
  • 多汗症と同じ治療法を行なう

などの方法があります。

ストレスが原因で起きる手汗は、まだ慣れていない作業や環境に置かれたり、なにかに過剰な興奮を覚えた時におきます。
これらに慣れていく事で、ストレスに慣れていき次第にて汗が出にくくなっていきます。

ストレスが原因の手汗はストレスからの影響が少なくなるまである程度の時間が必要です
どのくらいの時間が掛かるかは個人差があるので、多汗症の治療に使われる塩化アルミニウム液を使う方法があります。

薬による手汗の抑制も選択肢になります。
ストレスが原因の手汗にも、多汗症の治療で行われる薬物治療や心理療法が有効です。

塩化アルミニウムやミョウバンでの手汗対策も有効

自力で対処するのはむずかしいのですが、市販品にも塩化アルミニウムが配合されたローションが売られているので、これを使う方法があります。
また、漬物などに使われるミョウバンも制汗作用があるとされています。

ミョウバン水やミョウバンを水に溶かしたものを手に塗るのも有効です。

市販品は価格が500円から1,000円程度と安く、手軽に手汗の対策ができます
最初のストレスによる手汗対策としても使えます。

心因性のストレスは専門の治療が必要

ただ、心因性の場合はストレスに慣れるのは難しいので、不安の原因となるストレス自体を緩和することが必要です。
心因性はトラウマ、またはより重度であるPTSDといった場合もあります。

時にカウンセリングや精神安定剤などが必要になります。

その為、手汗の原因となるストレスが心因性のものであるのなら、心療内科や精神科などで診察と治療を受ける事も選択肢の1つです

ストレスによる手汗は、時に根が深い問題である事もあります。
自分ではストレスが原因だと思っていても、病気であることも考えられます。

市販品で手汗が収まらない時は早めに医療機関で受診し、手汗の原因を特定してください

手汗対策!効果とコストで選ぶおすすめランキング

ランキング1位ファリネ 《手汗専用のデオドランド》
世界が認めた確かな品質!2016年モンドセレクション受賞!

ランキング2位フレナーラ 《手汗専用制汗ジェル》
手汗を気にせず彼と思う存分手をつなぎたいならフレナーラ

ランキング3位テサラン 《手汗対策クリーム》
今一番売れている手汗対策用クリーム!あらゆるランキングで1位獲得

▼手汗がひどい!治す方法を知りたい時は▼
手汗を治したい!おすすめランキングはこちら>>>>手汗対策おすすめランキングの詳細はこちら<<